お問い合わせ資料請求クレジットカード会員登録ご利用ガイドカートを見る
ログイン
早稲田法科専門学院HOME土地家屋調査士測量士補司法書士書籍・用具購入求人情報

講座詳細

2020年受験 調査士専攻11月生〔全58回講義〕※11/30開講! 

講座の特徴

 

資料請求

 

 

<2020年受験 本科講座>

 

 

 

 

 

-11月30日(土)13時開講!-

 

 

 

 

 

 

調査士受験をこれから始めるなら11月生が最適

調査士受験の基本事項から合格までをしっかりと学習

土地家屋調査士の受験に挑戦するなら過去に数多くの受験生が利用し、合格を手にしている調査士専攻11月生がおすすめです。この講座は合格に必要な内容をしっかりと丁寧に指導していますので、初学者から受験経験者まで無理なく安心して学習することが出来ます。単にポイントだけの講座ではなく、合格のための知識を完全に理解する事を念頭に置いているため、比較的多くの指導時間を設定しており、徹底した学習ができます。

 
早稲田法科の随時質問可能な講義スタイル

早稲田法科のベテランの講師陣が受験生のために丁寧に指導していきます。
理解できていない受講生にも講義講義中、終了後もしっかりと理解できるまで質問に親身になってつきあってくれる講師陣が自慢です。

講義を欠席しても無料でDVDを貸し出す制度あり、安心受講!

早稲田法科調査士専攻11月生講座の特徴!
登記法の基礎理論より指導します。

当校ならではの登記法と調査士法の徹底したくわしい理論講義!

 

調査士受験範囲の大半は不動産の表示に関する登記事項です。よって、ここでの学習がとても重要になってきます。
講義では、法律を学んだ事がない方でも分かりやすく丁寧に指導していき、最終的には合格に必要な知識を完全にマスターします。

〔理論対策講座にて実施〕

 

深田静夫先生
(監修)

専任講師 松元隆先生
(理論・書式担当)

 

書式作成に必要な数学、測量を基礎から学ぶ事が出来ます。

書式作成には数学の知識が必要になります。特に土地の面積を求める計算に関しては受験生が一番苦手とする方が多い部分です。本校では数学が苦手な方、忘れてしまった方などでも数学の基礎を測量の観点から指導していき書式作成に必要な計算力を徐々にアップさせ最終的に合格答案作成にとしっかりと導きます。

 

〔基礎、本科書式対策講座にて実施〕