お問い合わせ資料請求クレジットカード会員登録ご利用ガイドカートを見る
ログイン
早稲田法科専門学院HOME土地家屋調査士測量士補司法書士書籍・用具購入求人情報

講座詳細

2019年 書式パーフェクトマスター講座(※書式のみ19回)

講座の特徴

》》》》》土曜クラス 1月19日(土) 15時30分~開講! 全19回


まだまだ間に合う !確実に深く理解できる講義!

2019年1/19~6/1(15時30分~17時30分) 〔応用書式13回・総合書式5回/総合模試1回〕

 

本試験に出題が予想される各書式パターンを毎回(2~3問)練習!

受験生の弱点を矯正!本試験での実践力を養う!

書式に苦手意識がある、今よりも実力アップさせたい人へ

書式はしっかりと確実に実践すれば必ず合格点がとれる!!

 


講座内容

■講座の概要 担当講師 松元 隆先生(応用書式・総合書式)  

 

松元 隆先生


(応用書式/総合書式)

 

本クラスは、「応用書式」と「総合書式」で構成されており、受験経験者にお勧めの講座です。登記の目的を決定するには、確実な計算能力と、理論が構築されていることが必要です。
過去の本試験においても、誤差配分、交点計算などは本講座にて予想していたとおりの出題をすることができました。

本年の出題予想も視野に入れて指導していきます。

(※毎回書式演習及び解説、各回2問程度実施します。)

■本試験出題各パターンを各回練習し、様々な計算テクニックも指導!

書式は特に苦手な方が多いようです。調査士の試験は書式の出来、不出来によって合否が決定しているといっても過言ではないでしょう。基本的な計算方法はもちろん、その他の計算テクニックも工夫して覚えておく必要があります。本講座は書式の基本的事項から合格レベルのテクニックまで全てをしっかりと学習することが出来ます。
この講座では、土地、建物、区分建物の本試験に出題されるであろう書式の全パターンを演習(毎回2問~3問)を通して実施していきます。
ここでは、いろいろな添付書類から登記の目的を決定したり、計算能力の応用力を身
につけ練習することによって、理論(択一)の理解力をも養います。敷地権等については、応用書式の区分建物関係を演習することによってより具体的に理論構成をすること
ができます。
また、交点計算、結合トラバースの補正計算等が確実に行えるように指導します。

 

 

 

 

書式マスター日程表 
土曜日クラス
※日程表をご覧頂くには、「Adobe Acrobat Reader」が必要です。必要な方は、ダウンロードしてからご覧下さい。

 

 

 

(15分程度)※一部抜粋




担当講師 松元 隆先生
--〈 サンプル映像 〉-- 

 

 

 


受講料

受講料: 129,600~243,000 円(税込)
  • 書式パーフェクトマスター組合せ:
  • 価格区分:


テキスト・教材について

(1)応用書式問題と解答・解説(※1月中旬~/オリジナル問題)

(2)総合書式問題と解答・解説(※4月下旬~/オリジナル問題)

◎書式作成用具(関数電卓・三角定規・コンパス・全円分度器)

 

→書式作成用具等お持ちでない方は、こちらへ