お問い合わせ資料請求クレジットカード会員登録ご利用ガイドカートを見る
ログイン
早稲田法科専門学院HOME土地家屋調査士測量士補司法書士書籍・用具購入求人情報

講座詳細

2019年受験 全国答案練習講座(全15回) 【5月26日開講】

講座の特徴

〈 2019年5月26日開講 !  〉

 

 

資料請求

 

予想問題を作成して行われる答案練習講座です(全15回実施)。採点及び順位表を作成します(通学生、通信生との合同順位表を作成。平均点以上の方掲載、12回まで)。
不動産登記法、民法、調査士法等本試験の試験範囲に準じて出題します。

 

通学答練は、本試験と同様、臨場感あるスタイルにて実施します。2時間30分の緊張感の中で実力を発揮する力を養成。
基本講座(専攻科等)との組合せ受講で、より完全な知識習得が可能です。

 

 

《早稲田法科の全国答練が優れている7つのポイント》

 

1.全国の多くの合格者が受講!早稲田法科の全国答練


過去の合格者の多くの受験生が必ず参加している、本試験スタイルの模擬試験です。教室での受験生の熱気はまさに本試験。本番さながらの緊張感を体験し、本試験でのプレッシャーに、負けない練習が可能です。

 

2.過去本試験において類似問題が多数出題されています。


毎年その年の本試験問題の傾向を吟味し、本試験出題を予想。過去、多くの答練問題の中より本試験に類似問題が数多く出題されています。

 

3. 本校先鋭の講師陣が毎回、新鮮な良質の問題を作成。


本学院の答練の最大の自信は、まさに、その良質な問題にあります。
基本的な問題はもちろん、難問まで幅広く対応しています。各回、各講師陣が頭を悩ませ作成する問題は、本試験より多少、レベルを高く設定し、作成します。合格ギリギリの知識では一つのミスが命取りになるからです。本学院の答練を実践し、最終的にその内容をクリアーすれば、実力は本試験合格レベル以上の実力がつき、本試験当日は余裕を持って試験に望めるようになります。

 

4.本試験に対する対応力を大幅に向上させます。


最近の本試験では幅広い知識が必要となってきています。出題範囲としても、『土地家屋調査士の業務に通常必要と認められるもの』と抽象的になっておりその範囲の中なら何を出されても対応できなければなりません。そういった状況の中でも、本試験に対応できるよう、出来るだけ幅広い分野にも亘って出題をしていきます。

 

5.疑問点があれば、講師へ直接メールにて質問でき、短期間で確かな理解が得られる


わからない事を残さない事が本試験合格への糸口。講師へ直接質問できる環境があるので、安心して学習ができ、間違った理解を減らし、確かな理解力へと変化する事ができます(※その他、数回程、教室にて質問タイムを実施する予定です)。

 

6.担当講師による、添削指導。


毎回の解答を回収し、各回出題の担当講師が直接添削指導し採点します。特に書式においては、記載方法の誤り等、細かい部分をチェックし、指導します。

 

7.順位表作成つきで合格レベルを判定。


各回、平均点以上得点した受講生は順位表に掲載します。最終的に総合して合否判定のための順位表を作成し、全国でのあなたのレベルが分かります。上位成績優秀者は、表彰式において記念品の贈呈も行っています。ぜひ頑張って下さい。

 

通学生、通信生との合同順位表を作成(合同順位表は12回目まで作成)。
通学生のみは、順位表全15回まで作成。

模擬試験2時間30分  全国順位 添削指導

 

注意※試験終了後、解説書を配布いたします(※1回~12回は解説講義はありません。13回~15回のみ生解説講義を実施します)。なお、質問事項がある方は、メール又は質問券にて講師へ直接質問可能です(お申し込みの方には詳細をご案内いたします)。

 

通学部全国答案練習講座日程表(401KB)はこちらからご覧下さい
   通信講座「全国答案練習コース」こちらへ

 

 

 

 

 

初学者へおすすめ講座

 

 

30年度合格体験記(山口 典久)
29年度合格体験記(並木 俊樹)
28年度合格体験記(佐々山史成)
27年度合格体験記(臼井 伶衣)
27年度合格体験記(舘島 英佑) 
26年度合格体験記( T . H  )  
26年度合格体験記(谷川 笑子) 
24年度合格体験記(出口 賢一) 

 


講座内容

■日曜答案練習講座 《全国順位作成付》

実施時期 5月~9月 (全15回)

【時 間】

 

1回~12回問題 ※解説講義はありません。

 

<試 験>13時00分~15時30分(2時間30分) 

 

試験終了後、解説書を配布いたします。尚、質問等がある方は、
メール又は質問券にて講師への質問が可能です(お申し込みの方には、
来校時に詳細をご案内いたします)。

 

◆13回~15回問題(生解説講義があります。)

 

<試 験>11時00分~13時30分(2時間30分) 

《生解説》14時30分~17時00分(進行により多少変動します) 

 

試験終了後、解説書を配布し、1時間休憩後、解説講義を実施します。

◎会 場

本校高田馬場(サンパティオ教室213号室)

◎定 員

日曜 40名(申込順定員になり次第締切)
◎出 題 者
 (予 定)

 

早稲田法科専門学院  学院長 深田 静夫 先生 監修
早稲田法科専門学院  専任講師 松元 隆 先生
早稲田法科専門学院  講師 土地家屋調査士 田中 登 先生
早稲田法科専門学院  講師 土地家屋調査士  出口 賢一 先生
早稲田法科専門学院  講師 土地家屋調査士  畠山 主 先生

 

お知らせ
と注意事項

 

(1)通学答練には次の内容が含まれます。
問題及び解答・解説、試験参加(メール質問、質問券、添削指導、全国順位作成(平均点以上者発表)

(2)現在、通学部調査士総合Aコースをお申し込みの方は、すでにこの講座は含まれております。
再度のお申し込みの必要はございません。ご注意下さい。

 

受 講 料

 

 

 

一般の方及び2019年他講座受講生

 

 129,600円

 

 

28年~30年度本学院他講座受講生

 

 108,000円

 

 

【おことわり】

受講生とは、H28年~31年度に当校の講座(通学、通信講座)にて、受講頂いた方が対象となります。その他の年度の方は、含まれません。何卒、ご了承下さい。

1回~12回は、解説講義はありません。13回~15回(公開模擬試験)のみ生解説講義を実施します。
なお、1回~12回問題について、質問事項がある方は、メール又は質問券にて講師へ直接質問可能です(お申し込みの方には詳細を教室にてご案内いたします)。

オリコローン

ご利用の場合

※分割例

 

【全国答案練習講座分納制度のご案内】
(本学院提携 オリコアカデミーローンを利用の場合。要審査)

分納の例 

全国答練(15回)を6回で分納する一般の場合)。

 

講料108,000円+手数料3,012円=111,012円

初回支払額 18,512円  2回目以降18,500円×5回

 

ご利用希望の方は、支払い方法にて「オリコローン」をご選択下さい。
後日、「審査用URL」を発行してメールにて送信致しますので、各個人様にて、審査を完了下さい。

 

その他、当ホームページなら、クレジットカードによるお支払も可能です。どうぞ、ご利用下さい。

 

【その他お知らせ】公開模擬試験」のみの受講希望の方の受付は、7月頃受付開始予定

受講料

受講料: 108,000~129,600 円(税込)
  • 新答練区分:


テキスト・教材について

※各回問題及び解答・解説(全15回分) 

(●問題の解答用紙と別に「練習用解答用紙」をセットにして、ご提供致します。)

 

【講座参加時にご持参頂く物】

登記六法(その他の六法可)、書式作成用具(関数電卓、三角定規、コンパス、全円分度器、ボールペン、
鉛筆、(HB)、消しゴム)をご持参下さい(※お持ちでない場合は、こちらへ)。

 

【練習用解答用紙について】

※当校では、各回の問題の解答用紙と別に「練習用解答用紙として、もう「1セット解答用紙」を付けてご提供しております(※各回の解答・解説に1セット分挟んで、お渡しします)。
再度の練習にご活用頂けます。